星野リゾート界アンジン宿泊記!界タビ20s利用オーシャンビューの部屋や食事の口コミ

こんにちは、短足ダックスです。
今回は星野リゾート界のアンジンをご紹介します。

私にとって初めての星野リゾートでしたが大満足でした!
界タビ20sというプロジェクトで少し安く利用しました。
ぜひ、泊まってみてください。

星野リゾート界タビ20sってなに?

界タビ20sとは、星野リゾートが20代にもっと旅をしてもらいたいという思いから、全国に展開する温泉旅館シリーズの界限定で安いプランを用意しているプロジェクトです。
20代限定なので、若者は要チェックですね。
ただ安いだけでなく、ご当地のお土産の販売、お得なマッサージプラン、レンタカーの割引などの特典があります。
お金があまりない若者にとってはありがたいですね。
卒業旅行などにもおすすめです!

お土産販売の様子

受付期間:通年
宿泊機関:通年
条件:20代で2名から予約可能
対象:全国の界14施設
料金:1泊19000円
食事:夕朝付

魅力的ですね~!!!

アンジンってどこ?

静岡県の伊東にあります。

東京からはちょっと距離がありますが、車であっというまでした!
高速道路を使えば東京から2時間ほどです。

電車の場合は熱海駅から伊東線に乗り換えて伊東駅を目指します。
東京駅から伊東駅まで踊り子号も出ています。
伊東駅からアンジンまでは徒歩15分、タクシーで5分ほどです。
残念ながら送迎バスは出ていません。

東京から伊東までの道路は海沿いで気持ちがいいので、車がおすすめです!

アンジンの魅力

アンジンは魅力がたくさんありますが、そのうちのいくつかをご紹介します。

サンブエナデッキ

アンジンといえばサンブエナデッキが人気です!
いろんなサイトでデッキの写真が使用されているので、見たことある人も多いかもしれません。
温泉の隣にあるので、湯上がりに絶景を楽しみながら涼むことができます。
海風にあたりながら、友人や恋人と語るのは素敵な時間ですね。

温泉

そしてここは温泉で有名な伊東です。
最上階から海を見下ろす大浴場となっています。
入る時間で見える景色が全然違うので何度も入りたくなります。
内風呂も露天風呂も最高ですよ!

客室

星野リゾート…さすがです…
もうね、部屋がアートなんですよ。
インテリアが好きな人にとっては幸せな空間だと思います。
船がテーマとなっていて、全室オーシャンビューです!
細かいところまでこだわりが感じられる素敵な空間でした。

食事

こちらもさすが星野リゾート…
恐れ入りました…
何を食べても美味しかったです。
20タビsをご利用の方はあの値段で2食付きです。赤字では…?(笑)
食事処は半個室になっていて、こちらもアートを感じる素敵な空間でした。

宿泊記

私より旅慣れている恋人から界タビ20sを教えていただき予約!
なかなか空きが出ないのですが、急に空室が出るので常にチェックしましょう。

いざ、マイカーで高速道路へ!
あっというまに到着しました!

外見は普通のビジネスホテル、本当にここが星野リゾート?って不安になりました(笑)
しかし、中に入るとオシャレな空間が広がっていました。

部屋に入るとさらにびっくり!かわいい!
細かいところまでテーマの船がありました。
広さは決して広くはないですが、寝室が分かれているような作りで圧迫感はありませんでした。

少しゆっくりしてから、いざ楽しみにしていたデッキへ!!!
天気は雨予報でしたが奇跡的に晴れました!
とても気持ちがよかったです。
やはり人気のスポットなので、タイミングが悪いと混雑します。

温泉はあまり広くはありませんが、オーシャンビューで開放感がありました。
温泉旅行として訪れた方にとっては少し物足りないかもしれません。
露天風呂で海風を感じながらのんびりするのは最高ですよ!

楽しみにしていた夕食は大満足でした。
魚も美味しいですし、もう、、、
何食べても、まいう~!

お食事処の雰囲気も良かったです。
半個室になっていて、壁は本でできていました。
誰のアイデアなんだろう、、、凄い、、、

ラウンジでは紅茶やコーヒーを楽しむことができます。

チェックアウト後は紫陽花を見に行きました!
綺麗でしたよ~!!!

まとめ

いかがでしたか?
星野リゾートいつかは泊まってみたいですよね!
20代ではない人も、界シリーズはそこまで高いホテルではないので是非行ってみてください!

次はどこの界シリーズにいこうかな~

おすすめがあったら是非Twitterにコメントください!
他にも島旅やホテルをご紹介していますので、よかったら読んでみてくださいね。

高級感を楽しみたい方はこちら!リッツカールトン東京。

絶景を楽しみたい方はこちら、横浜ロイヤルパークホテル!

是非読んでみてください!
最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました