【はいむるぶし】お部屋やプランの選び方!小浜島のリゾート宿泊記②

今回ははいむるぶしのお部屋についてご紹介します。
お部屋選びで悩んでいる人、備品やアニメティ、お部屋の雰囲気を知りたい人は是非チェックしてみてください!

はいむるぶしの特徴!

・絶景プライベートビーチ
・敷地すべてが国立公園
・星空が綺麗に見える
・40万m²の広大な敷地
・子供が嬉しいプールもある
・アクティビティが充実
・のんびりした島時間
・朝食ビュッフェの品数が異常
・大浴場の露天風呂が絶景

はいむるぶしまでのアクセスはこちらの記事に詳しく記載しています。

※ブログでの紹介と部屋の画像一部引用ははいむるぶしの広報担当者から許可をいただきました。

はいむるぶしのプラン選び

まずはプランからです!
はいむるぶしのプランを選択するうえでカギになるのは以下の条件です。

①朝食付きにするか
②2食付きにするか
③レンタルカートは付けるか

朝食ビュッフェについて

まずは朝食についてですが、これは必ず付けましょう。
はいむるぶしは離島のホテルなのに朝食の種類が豊富で満足度がとても高いです。
ビュッフェ形式で家族連れも多いので、高級リゾートのような落ち着いた雰囲気は無くガヤガヤしていますが、内容はとても美味しくて口コミも良いです。
内容は少しずつ変わっているので連泊でも問題ありませんし、種類が多すぎるのでそもそも全てを1日で食べきることはできないので、飽きることはないでしょう。
パン派、ご飯派、麺類派などそれぞれ好みがあると思いますが、全てあるのでご安心を。

沖縄のリゾートに宿泊するうえで心配なのが、沖縄料理が口に合うかですね。
むしろ沖縄料理を楽しみにしている人も多いと思いますが、独特な食文化なので不安な人もいるでしょう。先ほどご紹介したとおり、種類が豊富で郷土料理以外の一般的な料理がたくさんあるので問題ありません。都内の一般的なホテルビュッフェの内容+郷土料理ってイメージです。

はいむるぶしの朝食の内容については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

2食付きにするべき?

夕食は付けるべきか。これは悩みどころですね。
小浜島は小さな離島なので、飲食店があまりありません。夕食は島の居酒屋でも探すか~って軽い気持ちでいると夕食難民になってしまいがちです。さらに、はいむるぶし宿泊者はレンタカーを借りていないので、飲食店に行く足がないのです。レンタルバイクや徒歩という選択肢もありますが、小浜島の夜は街灯が少なく真っ暗なので少し大変かもしれません。
ということで、せっかくならホテル内のレストランを利用しましょう。

はいむるぶしにはカフェを含めて4つのレストランがあります。

①ビュッフェダイニング☆
②グリルダイニング☆
③クラブダイニング
④海カフェ(星空タイム)
☆は夕食付プラン対象

①のビュッフェダイニングは、朝食もビュッフェなので他がおすすめです。

②のグリルダイニングはBBQを中心にしゃぶしゃぶや鍋、すき焼きを選択することができます。

雰囲気の良いレストランなのでとてもおすすめです。

③のクラブダイニングは発酵を取り入れた「発酵コース」や「美発酵コース」、沖縄県産食材中心の「プレミアムコース」など幅広いメニューです。落ち着いてゆっくり食事を楽しみたい人におすすめです。※10歳未満のお子様は利用できません。

夕食付プランにしなくても当日に選んで予約することができますが、夕食付プランにしたほうが安いです。夕食付プランで選べるメニューは限られるので、それでも良ければ夕食を付けましょう。

④の海カフェはパスタやピザを中心にお手頃価格で食事を楽しむことができます。夕食を付けなかった時におすすめなのがこの海カフェです。店内の雰囲気がオシャレで、のんびりした時間を過ごすことができます。

ベット席やカウンター席、屋上などでゆっくり食事できます。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

カフェとはいえ、こんな本格的なパスタもありました。
とても美味しかったです!

レンタルカートはいる?

レンタルカートは必要です!!!
必ずレンタルカート付きプランにしましょう。
もしカート付きプランにしないで、現地でレンタルしようとしたら以下の価格になります。
た、高い…!

30分:600円
1時間:1,200円
2時間:2,000円
3時間:2,700円
4時間:3,400円
8時間:4,800円
24時間 (1泊2日):5,800円
48時間 (2泊3日):7,800円
72時間 (3泊4日):9,800円
96時間 (4泊5日):11,800円
120時間 (5泊6日):13,800円
144時間 (6泊7日):16,800円

ご覧の通り、普段は運転しない女性でも簡単に運転できました。
最大5人乗りです。アトラクション感覚で楽しいですよ。
もし遠い棟にある部屋を選択予定であれば徒歩で移動するのは大変です。
レストランやビーチ、プール、庭園など、リゾート内を移動するのに必要不可欠です。
※運転は普通自動車以上の免許所有者に限ります。
※レンタルカートは園内のみの通行で、園外には出られません。

はいむるぶしのお部屋の特徴

はいむるぶしには9種類のお部屋があります。
多すぎて迷ってしまいますね。
それぞれの特徴をご紹介します。

スタンダード

南国らしい自然に面したガーデンビューのお部屋です。
客室の広さは47㎡もあります。1番安い部屋でもこの広さは嬉しいですね。
オーシャンビューではないのが少し寂しく感じるかもしれませんが、緑のガーデンビューも気持ちが良いですよ!テラスもあります。

正直、この部屋で十分だと思います!
そして、このスタンダードはレセプションやレストラン、プールがあるメインの建物から徒歩圏内なので、レンタルカートがなくても楽しむことができそうです。
テラス席から見える庭は、一般客が通る通路に面していないので、部屋の中を他人に見られる心配はありません。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

スーペリア

私が2度宿泊したのがこのスーペリアです。
部屋の広さや景色は先ほどのスタンダードとほとんど変わりません。
でいご棟(1階:71~80号室)、かぁちばい棟(1階:111~130号室)、ぱぴる棟(1階:51~55号室)の3つの建物にあるのですが、全て1階になります。
スタンダードと比較すると、装飾など細かい部分でグレードアップしています。

グレード的には低いですが、広さは変わりません!
広々していて気持ちいい!

これはどの部屋にもあるのですが、ソファが大きいのです。
子どもは喜びそう!

ガーデンビューも悪くないですよ!
南国の植物を楽しむことができます。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

プレミアムテラスデラックス

2019年4月1日リニューアルオープンしたガーデンビュータイプのお部屋です。
部屋の壁紙や間接照明がオシャレです。
広さは47㎡なので変わりませんが、テラスが42㎡もあります。
テラスがかなりオシャレなので、部屋でのんびりしたい人にはおすすめです。
普段のリゾートでの過ごし方が部屋にいる時間が長い人は、この部屋が良いかもしれませんね。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

オーシャンビュースーペリア

お待たせしました、ついにオーシャンビューです。
この部屋はスーペリアの建物の2階になります。1階はガーデンビューで2階はオーシャンビュー???そうです、高くなったから海が見えるようになったのです。
とはいえ、手前には庭が広がるので海はかなり遠く感じます。緑と青のコントラストは綺麗ですが、青い海が全面に広がるわけではございません。確かに海は見えますが、ほぼガーデンビューかなって感じです。しかし2階になので、見晴らしの良さは別格です!
部屋の広さは47㎡なので変わりません。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

オーシャンビューデラックス

2017年にリニューアルオープンしたオーシャンビュータイプの部屋です。
お部屋の窓辺とテラスに設置された2つのデイベッドが特徴的な、開放感ある部屋となっています。
室内はシンプルな家具と色使いで、ゆとりと上質感のある雰囲気です。
この部屋も海までは少し距離があります。
部屋の広さは47㎡なので変わりません。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

オーシャンビュープレミア

私が1度宿泊したオーシャンビューのお部屋です。
かぁちばい棟の2階にあります。
プレミアと言うだけあって、部屋の高級感は別格です!
部屋の広さは47㎡なので他と変わりませんが、装飾が豪華でした。
ベットから景色がドーンと見えるので、思う存分楽しむことができます。
2階なので他人の目を気にせずカーテンを開けっぱなしでも大丈夫で、大きな1枚の窓が魅力的でした。

この部屋からは特典が付きます。

  • レンタルカート1室1台
  • エスプレッソ珈琲マシン
  • バスローブ(大人の方のみ)
  • 朝食ブッフェ付きの方は、ピクニックブレックファストに変更可

オーシャンビューラグジュアリー

先ほどのプレミアよりカラフルな雰囲気です。
部屋の広さは51㎡なので、少しだけ広くなっています。
海の見える面積も広くなっています。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

オーシャンビュースイート

2020年にリニューアルオープンしたオーシャンビューのスイートルームです。
ゆったりと寛げる60㎡の客室とハンモックのあるテラスが魅力的です!
部屋にハンモック…これだ…これを求めていたんや…!
でもご安心を。この部屋にしなくても、はいむるぶしには至る所にハンモックがあります。
てぃだ棟という海が目の前の部屋なので、しっかりオーシャンビューなのが嬉しいです。
さらに!スイートルーム宿泊者はクラブラウンジを利用することができます。そもそも、このスイートルームのあるエリアには一般客が入ることはできません。プレミア感がありますね。

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

オーシャンビューバススイート

オーシャンビュースイートの中でも、テラスにお風呂があるのがこのお部屋。
プールではなくてお風呂なんや…って思いましたが、最高ですね!(笑)

出典:はいむるぶし公式HP haimurubushi.co.jp

はいむるぶしのお部屋の選び方

独断と偏見ではいむるぶしの部屋を選ぶ際のポイントをご紹介します。
まず、はいむるぶしに泊まれればいい!なるべく安く!って人はスタンダードやスーペリアで全く問題ありません。部屋の広さは他のグレードと変わりませんし、オーシャンビューにこだわりがなければベストな選択だと思います。オーシャンビュープレミアに宿泊した後、スーペリアでも全然いいなって思いました。部屋の広さに大きな差がないというのは、覚えておきましょう。
ガーデンビューはこんな感じです!

オーシャンビューの部屋も、スイートルーム以外は海まで距離があります。皆さんがイメージするオーシャンビューとは少し違う部屋もありますのでご注意ください。まあこれは、ハワイでも同じで、少しでも海が見えていればオーシャンビューなので(笑)

お風呂は少し差を感じました。スーペリアのお風呂はこんな感じです。
窓は無く、一般的な家庭のお風呂のようです。私にとっては十分でしたが、オーシャンビュープレミアと比較すると物足りなさがあります。

オーシャンビュープレミアはお風呂の雰囲気もスーペリアより開放感があって、非常に満足度が高かったです。部屋から丸見えになってしまうので、結局カーテンしますが(笑)

友人同士や家族旅行ならスタンダードやスーペリア、カップルの記念旅行にはオーシャンビュープレミアがいいかもしれません。
オーシャンビュープレミア以上なら、レンタルカートが無料で付いてくる特典があるのも嬉しいですね!

はいむるぶしの備品やアニメティ

ここではお部屋の設備とアニメティをご紹介します。
まずは設備から!

バスルーム、洗浄機能付きトイレ、液晶テレビ、CD&DVDデッキ(ブルーレイ対応)、携帯用デジタルオーディオスピーカー、客室金庫、冷蔵庫、エアコン、除湿機、エスプレッソ珈琲マシン、ケトル

続いてアニメティ!

ドライヤー、ヘアブラシ、シャンプー・リンス、ヘアキャップ、ボディーソープ、洗顔ソープ、歯磨きセット、タオル(ハンド・フェイス・バス)、ボディークロス、バスローブ、髭剃り、コットン、綿棒、ヘアゴム、ワインオープナー、栓抜き、室内スリッパ、ルームウェア、ティーバッグ、タオル干し

コップはこんな感じでたくさんありました。
売店に飲み物はたくさんありますので、夜に部屋で晩酌を楽しみましょう。

冷蔵庫はこんな感じです!
ちょっと小さいかな?

コーヒーマシンは本格的でした。

スピーカーはBOSEです。

大浴場やビーチに行く際に便利なバックがありました。

まとめ

いかがでしたか?
とても素敵なホテルなので楽しんできてください!

はいむるぶしまでのアクセスはこちらの記事を読んでみてください!

はいむるぶしの朝食はこちらの記事で詳しく解説しています。

はいむるぶしに行くのに雨予報…って時はこちらの記事をご覧ください。

はいむるぶしの持ち物が分からない!って人はこちらをご覧ください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました