【島旅の持ち物リスト】沖縄旅行に行く前に要チェック!

旅行の準備ってなかなか進まなくって直前に慌てますよね。
え?私だけ???
今回はそんな私のような人のために持ち物リストを作成しました!
もはや自分のためですが(笑)
是非参考にしてみてくださいね!

目次をチェックリストとして活用してみてください。
それぞれどんな時に必要になるのかなど、理由を知りたい方はその項目をクリックしてみてくださいね☆

旅行の持ち物リスト

それではさっそく持ち物リストをご紹介します。

旅行全般に必要な持ち物

まずは島旅に限らず、旅行で必要な持ち物を記載します。

現金

旅行先ではなかなか銀行やATMが見つからないことが多いです。
特に離島にはATMなんかありません。
とはいえ、キャッシュレス決済が進んでいるわけでもないので、現金は用意しておきましょう。
紛失や盗難のリスクに備えるため、財布にすべて入れるのではなく、バックの底やスマホケースの中など何か所かに分けておくことをおすすめします。

クレジットカード

クレジットカードが使用できるホテルなどの決済は、なるべく使用することをおすすめします。
現金はとっておきましょう。

キャッシュカード

急に現金が必要になることもあるので、持っていきましょう。

充電器、モバイルバッテリー

ホテルで充電器を借りられるところがほとんどですが、できれば持参しておきましょう。

最近は写真も地図もスマホで完結しますよね。
SNSも利用していたらすぐに充電が減ってきます。
モバイルバッテリーを買っておきましょう。

身分証、免許証、保険証、学生証

何かあった時に必須なのが身分証です。
レンタカーを利用する場合は免許証を忘れずに。
旅先でケガをした時などは保険証が必要になります。
学生は学割が使える場合があるので、学生証を持っていきましょう。

航空券、新幹線の切符

これがないと出発することすらできません。
気をつけましょう。

ETCカード

旅先でレンタカーを使用する場合は持っていきましょう。

常備薬

普段飲んでいる薬がある方は忘れずに。

コンタクトレンズ、メガネ

コンタクトレンズは多めに用意しましょう。
急な台風などで日程が延びる場合もあります。
メガネの方は、予備のメガネを持っていきましょう。
壊れたら見えなくなってしまうので(笑)

メイク用品

トラベル用に用意しておいたり、試供品を持っていくと便利かもしれません。
メイク落としも忘れずに。

衣類、下着

気持ち多めに持っていくことをおすすめしますが、旅慣れている人はこの衣類でバックのスペースを節約しがちです(笑)
ズボンなどは使いまわしでも良いかなって思います。

島旅であったら便利な持ち物

島は店が少ないので現地調達がなかなかできません。
しっかり準備しておきましょう。
意外と忘れがちな持ち物を記載してみました。

履き慣れたスニーカー

旅先では無意識のうちにたくさん歩いています。
夜に急に足腰に疲れが出るものです。
オシャレな靴だけでなく、スニーカーも持っていきましょう。

水着、ビーチサンダル

海やプールには入らないつもりでも、急に入りたくなることがあります。
ビーチサンダルもあったら良いですね。
ビーチサンダルでの入店を禁止しているレストランもあるので靴も忘れずに。

カッパ

離島はスコールのような急な雨が多いです。
カッパや着替えは用意しておきましょう。

虫よけスプレー

蚊なのか何なのか分かりませんが、刺されると痒くて腫れるような虫がたくさん飛んでいます(笑)
虫よけスプレーは必須です。

殺虫剤

南の島の虫はとにかく大きいです!
虫は得意だよと言っていた人も、沖縄のゴキブリにはビビッていました(笑)
ホテルや宿の人が寝てしまった後は、自分たちで戦うしかありません。
殺虫剤はあったほうが良いですね。

リュック

島旅にスーツケースはNGです!
ダメではないんですけど、大きめのリュックがおすすめですよ。
道路が舗装されていない島も多いので、スーツケースは避けたほうが良いと思います。

帽子

南の島の紫外線は脅威です。
頭皮を火傷してしまいます(笑)
なるべく帽子をかぶりましょう。

日焼け止め

日焼け止めはしっかり塗りましょう。
焼きたいなと思うのは絶対にやめてください。
痛くて眠れなくなります。後悔している人を何人も見ました(笑)

サングラス

サングラスも忘れてはいけません!
お子さまにも用意してあげましょう。

タオル、Tシャツ

タオルやTシャツは多めに用意しておきましょう。
あって後悔することはありません。

ビニール袋

ビーチに行くと水着やタオルが濡れるので、袋は多めに持っていきましょう。

絆創膏

島旅ではちょっとした傷やケガをすることが多いので、持っていきましょう。

あったら便利な持ち物

必須ではないけど、これがあると旅行がもっと楽しくなるアイテムを紹介します。

デジカメ、一眼レフカメラ

スマホのカメラがどんどん進化しているので必須ではありませんが、やっぱりカメラで撮ると綺麗です。一眼レフカメラは荷物になってしまいますが、あると楽しくなりますよ。

ゴープロ

一眼レフカメラって大きくて邪魔なんですよね。
そんな時におすすめなのが、ゴープロです。
コンパクトで写真も動画も高画質で撮影できます。
旅行好きは買って損はないです。

ガイドブック

スマホでなんでも調べることができますが、ガイドブックのほうが見やすいですよね。
カップルでどこに行くか調べるときなどは便利です。

睡眠グッズ

耳栓やアイマスク、簡易まくらがあると飛行機やバスでぐっすり眠ることができます。

延長コード

何人かで旅をする際はコンセントの奪い合いになるので、電源タップや延長コードを用意しておきましょう。

三脚

絶景で誰かに写真をお願いしたくてもできなかったり自分たちしかいないと良い写真が撮れません。
最近は簡易的な軽い三脚もたくさんあるので、買っておくと便利です。

汗拭きペーパー、お手拭き

汗でべたべたしたまま1日観光するのは嫌ですよね。
海から上がった後にシャワーがないと大変です。

ヘアアイロン

旅先でもオシャレしたいですよね。ホテルでレンタルできる場合もあるので確認しておきましょう。

トランプ

複数人で旅行する場合はトランプなどがあると楽しいです。
1人でもゲストハウスで仲良くなることもあるので、あると便利ですよ。

シャンプー、リンス、ボディソープ

使い慣れていないものが身体に合わないこともあるので、敏感な方は持っていきましょう。

水筒

ホテルや旅館で氷をもらっておけばいつでも冷たい飲み物を飲むことができます。

自撮り棒

自撮り棒があると大切な人とのツーショットが増えるので旅行から帰った後も楽しむことができます。

お菓子

ホテルや移動中に食べたいですよね。
現地にコンビニがない場合は用意しておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?
参考になれば幸いです。

弾丸旅行、島旅のメリットと注意点をこちらに記載しています。

おすすめの島はこちら!
東京から気軽に行けます。

慶良間諸島の渡嘉敷島は知っていますか?
青すぎる海に感動すること間違いなし!

最後まで読んでいただきありがとうございました。

他にもたくさんホテルや島を紹介しているのでよかったら読んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました