【朝食】トリフィート宮古島の宿泊記② 豊富な沖縄料理をご紹介!朝食ビュッフェ・バイキングの内容!

今回はトリフィート宮古島の朝食を詳しくご紹介します。

1人4000円~の宿の朝食とは思えないほど、ハイクオリティでした。

トリフィート宮古島のホテル全体の紹介が気になる方は、トリフィート宮古島の宿泊記①をご覧ください!

トリフィート宮古島の朝食の基本情報

ホテル2階にレストラン「アクアブルー」があります。
宮古島の食材や沖縄料理を中心に和洋琉球料理をブッフェスタイルで楽しめるレストランです。

営業時間:06:30 〜10:00 (09:30 L.O.)

料金:大人¥1,650(税込)

子供:大人同伴の未就学児は無料

形式:ビュッフェスタイル

席数:185席

トリフィート宮古島の朝食会場の様子

朝食会場はホテルの2階です。
スタッフの方が丁寧に案内してくれました。

座席数は185席もあり、ゆとりのある空間でした。

トリフィート宮古島の沖縄料理

まずは沖縄料理からご紹介します!
沖縄って食事が美味しいイメージが無いんだよね~なんて友人から言われたことがあります。
確かに、競合の北海道は美味しい料理がたくさんありますよね。


しかし!!!沖縄料理もおいしいんですよ!!!

今回のトリフィート宮古島では様々な沖縄料理を頂くことができます。

宮古そば

まずは宮古そばです!

沖縄に来たらまずはこれですよね!

自分でトッピングできるので楽しかったです。
スープが美味しいので、お味噌汁代わりに飲んでみるのもアリだと思います♪

ちなみに、沖縄そばと宮古そばの違いは、そこまでありません。
厳密には、麺の縮れ具合や、具を麺の下に隠す文化があるようです。

確かに、トリフィート宮古島の宮古そばの麺は、縮れていない平麺です。

でーん!!!

いかがでしょうか!
食べ放題です!これだけでも満足度高い。


ちなみにお肉(ラフテー)は、他の料理から取りました(笑)

宮古島産トンボマグロと国産とろろ

ご飯にとろろをかけて食べる、これほど幸せなことがあるのでしょうか。
とろろで大きな失敗は無いので、他の料理が口に合わない人はとろろをひたすら食べましょう。

写真で見ると伝わらないですが、絶品です。

チャンプルーと紅芋コロッケ

これもおすすめ!
チャンプルーって美味しいですよね!
紅芋コロッケも最高です。

トリフィート宮古島の洋食

洋食なのか分かりませんが、タコスがあります。
これには驚きました。

タコスとしても美味しいのですが、タコライスにもできます(笑)
宮古そばのところでも他のお肉を代用しましたが、こうやって工夫して美味しく楽しむことができるのがビュッフェの魅力の1つかもしれません。

ハイ!美味しい!!!

スクランブルエッグとソーセージ

洋食ビュッフェの定番ですね。
沖縄らしく、アーサーが入っているそうです。

沖縄料理が苦手な人も安心ですね。

お子様向けコーナー

お子様向けなのかは分かりませんが、このコーナーだけ台が低くなっていました。
大人もチキンライスを取っていたので、誰でも大丈夫です。

ブレッド

朝はパン派の人も安心です。
とても美味しかったです。

トリフィート宮古島の和食

もずく酢など沖縄っぽい和食のおかずが並びます。

ご飯のお供系のおかずが多い印象でした。

トリフィート宮古島のデザート

まず嬉しいのは、ブルーシールのアイスです。
日替わりだと思いますが、この日の味がとても美味しかったです!

アイスにはトッピングができます。
黒糖シロップが美味しかったです。

ヨーグルトやフルーツもありました。

トリフィート宮古島のドリンク

ドリンクはファミレスにあるような定番のドリンクバーがありました。

沖縄と言えばこれ!さんぴん茶!!!
これがあるのは嬉しいです。

朝食の例

こちらが私の朝食です!!!

ビジネスホテルの価格帯のホテルにしては、かなり豊富なラインナップではないでしょうか。

茶色ばかりで申し訳ございません。
ビュッフェって性格が出ますよね~!お恥ずかしい。

まとめ

いかがでしたか?

かなり満足度が高いと思います。

トリフィート宮古島のお部屋やプールが気になる方は、こちらの記事をご覧ください!

【トリフィート宮古島リゾート】コスパ最強ホテルの宿泊記①!宮古空港から徒歩圏内!家族旅行におすすめ!
今回は宮古島のコスパ最強ホテルをご紹介します。ホテル好き界隈でも話題になった新しいホテルです。宮古島のタクシーの運転手さんも、最近みんなトリフィートなんだよ~って言っていたほど大人気のようです。2名8000円~の最強コス...

最も安いプランを探したい人は、こちらで比較してみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました