【宿泊記】アンダーズ東京② プールやジム、アメニティ、朝食ビュッフェとルームサービス編!

今回はアンダーズ東京のプールやジムなどの施設と、客室のアメニティなどについて特集します。

アクセスやお部屋紹介についてはこちらの記事からご覧ください。
アンダーズ東京の前編になります!

【アンダーズ東京】東京タワービューの宿泊記①!アクセスとお部屋紹介、景色の口コミ編!
今回はずっと憧れていたアンダーズ東京に宿泊してきました。とても素敵なホテルだったので、是非チェックしてみてください!この記事は、アンダーズ東京宿泊記の第1弾です!主にお部屋や景色について詳しく解説しています♪アンダ...

それでは、アンダーズ東京後半戦、スタートです!

アンダーズ東京のアメニティと備品

テレビ、衛星放送、ケーブルTV、インターネット接続(無線LAN形式)、ティーサーバー、湯沸かしポット、お茶セット、冷蔵庫、ミニバー、ドライヤー、ズボンプレッサー(貸出)、電気スタンド(貸出)、アイロン、CDプレイヤ-(貸出)、加湿器(貸出)、変圧器(貸出)、洗浄機付トイレ石鹸(固形)、シャンプー、コンディショナー、入浴剤、ハミガキセット、カミソリ、シャワーキャップ、くし、ブラシ、タオル、バスタオル、ナイトウェア、バスローブ、浴衣、スリッパ、パジャマ、電子レンジ(一部・要予約)、金庫

まずはお部屋の冷蔵庫からご紹介します。
ホテル滞在のお楽しみ、ミニバー。
アンダーズ東京では、ただの水では終わりません。
アルコール以外は全て無料でした。

湯のみもあります。
ペットボトルのお水ももちろん無料です。

コップやグラスはお部屋にあるので、晩酌に便利です。
電気ケトル、コーヒーカプセル、ティーバッグの他、「虎ノ門きや」のあられや明治チョコレートも用意されており、無料でいただくことができます。ウイスキーは有料です。どれが無料でどれが有料なのかイマイチ分かりにくくて、宿泊後に無料だったことを知りました(笑)

<内容>
・ネスプレッソ(Regular, Espresso, Decaf)
・緑茶
・ほうじ茶
・ダージリン
・アールグレイ
・meijiミルクチョコレート
・「虎ノ門きや」のおかき2袋

なんと浴衣もありました!
外国人が喜ぶのでしょうか。
旅館ではないので合わない気がしますが、記念に着てみればよかったです。

アンダーズ東京のルームサービス

今回の夕食は、ルームサービスを利用しました。
後ほどご紹介しますが、やはり高級ホテルのルームサービスなので非常に高額です。
一休などの予約サイトには、タイミングが良いとホテルクレジット1万円付プランなどがあるので、チェックしてみてくださいね!

ルームサービスで1品を頼むくらいなら予約は必要ないかもしれませんが、夕食として利用したい場合は早めに予約しておくことをおすすめします。希望時間を伝えると、時間ピッタリに訪問してくれました。
スタッフの方が室内まで入って準備してくれるので、散らかっていると恥ずかしいです(笑)

さて、いかがでしょうか!
東京タワーが見える部屋にて自分たちだけでゆっくり食事が楽しめました。

今回は私の誕生日祝いということで、ケーキも用意してくれていました(´;ω;`)
フルーツタルトでとても美味しかったです。
ホテルから高級シャンパンのプレゼントもありましたが、私がアルコールを飲むことができないことを伝えるとすぐにノンアルコールのジュースを持ってきてくれました。

注文した内容は以下の通りです。

  • クラシック タヴァンバーガー ベーコン BBQソース (2750円)
  • スパゲッティー ボロネーゼ パルメザンチーズ(2200円)
  • ちらし寿司 – 鮪 アボカド レンコン 味噌汁(3850円)

ハンバーガーはアンダーズの定番のようです。
ボリューム満点の本格的な美味しさでした。これは食べる価値がありますよ!

パスタとちらし寿司は一般的なものですが、とても美味しかったです。

他の代表的なメニューもご紹介します。
まずは朝食です。

朝食

  • アメリカンブレックファスト (レギュラーコーヒー又は紅茶、フレッシュオレンジジュース、フレッシュフルーツの盛り合わせ、グリーンサラダ、クラシックブレックファストプレート)4400円
  • 朝食セット(お好きなお飲物 2種類、お好きなパントリー 2種類、そして特別メニュー1種類から選択)4400円
  • 和朝食セット(本日の焼き魚、小鉢、煮物、刺身、玉子焼き、リーフサラダ、ご飯、味噌汁、お新香、お好きなお飲物 1種類)4400円
  • 朝食ブレッドとペイストリーのバスケット 1320円
  • パンケーキ トンプソングレープ シャンティクリーム 1540円
  • フレンチトースト チョコレート シャンティクリーム 1540円

続いてオールデイメニューです。

  • おにぎりセット ‐ 鮭 梅干 おかか 出汁巻卵 味噌汁 1980円
  • トマトとアボカドのサラダ バッファローモッツァレラチーズ クレソン 2420円
  • クラブサンドイッチ 2420円
  • オーストラリア産 テンダーロインのカツサンドイッチ 3300円
  • すき焼き風肉うどん 2750円
  • ステーキ丼 5060円
  • カツカレーライス 3190円
  • 担々麺 2530円

デザートです。

  • チーズプレート 2750円
  • 本日のミニエクレア (6個) 1540円
  • フレッシュフルーツの盛り合わせ 1540円
  • 本日のシャーベット (2スクープ) 1100円

最後にドリンクもご紹介します。

シャンパン

  • ソムリエおすすめのグラスシャンパン 2970円
  • ルイナール アール ド ルイナール ブリュット(ボトル)14300円
  • ルイ ロデレール クリスタル ブリュット(ボトル)82500円

白ワイン

  • ソムリエお薦め ハーフボトル 4400円
  • エスクード ロホ シャルドネ セントラルヴァレー 7700円
  • トリムバック ピノグリス レゼルヴ アルザス 15400円
  • ピュリニィ モンラッシェ ドメーヌ ベルテルモ 47300円

赤ワイン

  • ソムリエお薦め ハーフボトル 4400円
  • エスクード ロホ カベルネソーヴィニヨン セントラルヴァレー 7700円
  • ケンライトセラーズ ピノノワール オレゴン 20900円
  • サッシカイア テヌータ サン グイド ボルゲリ 55000円
  • オーパス ワン 132000円

カクテル

  • ベリーニ  ピーチ シャンパン グレナデン 2750円
  • モヒート  ラム ライムジュース フレッシュミント ソーダ 2145円
  • マンハッタン  バーボン スイートベルモット 2145円

ソフトドリンク

  • オレンジ、グレープフルーツ、アップル、トマト、人参、季節のおすすめ 1320円
  • コーラ、コーラゼロ、スプライト、ジンジャーエール、ジンジャービール、ライムソーダ 935円
  • ほうじ茶 1430円
  • コーヒー、エスプレッソ、デカフェ 1100円
  • ジュースと野菜のスムージー 1650円

※価格は2021年10月現在。代表的なメニューのみ掲載しています。詳しくは下記の公式サイトをご覧ください。

アンダーズ東京公式サイト

アンダーズ東京の朝食ビュッフェ

アンダーズ東京の朝食ビュッフェは、今までのホテルビュッフェの中でトップクラスの満足度でした。
ビュッフェと聞くと、質が落ちるというか、ありきたりなメニューが陳列されているイメージの人も多いと思います。
しかし、アンダーズ東京の朝食ビュッフェは非常に質が良くてとても美味しかったのでおすすめです。

レストランはとてもオシャレで、高級感がありました。

サラダとフルーツ

定番のレタスやミニトマトだけでなく、味付けされたサラダも並んでいます。
サラダだけでも大満足です!

ドレッシングも豊富な種類がありました。

フルーツは、季節によって少し内容が変わるようです。
9月ですが、まだスイカがありました。
プラムはちょっと酸っぱかったですが、美味しかったです。

こんな感じになりました。
サラダがとても美味しかったです。

内容の質の良さは、このフルーツポンチを見ていただければ伝わると思います。
一般的なホテルのフルーツポンチは、ゼリーやナタデココでかさ増しされていることが多いのですが、ここのフルーツポンチはフルーツがゴロゴロ入っていました。味付けは濃厚で甘すぎるという人もいるかもしれませんが、素晴らしい内容です。

ワッフルコーナーがとても可愛かったので見逃さないように!

パン

パンは6種類くらいありました。
私はご飯派なので食べませんでしたが、美味しそうでした。

おかず

おかずも1つ1つの料理のクオリティが高いです。

焼きおにぎりなんてビュッフェで初めて見ました!

嬉しかったのが1口サイズのおかずです。
ビュッフェってついつい取りすぎてしまいますよね。
いろんな料理を食べたいのに、お腹いっぱいになってしまいます。
アンダーズ東京は写真のように小分けされているので、たくさんの料理を楽しめます。
カップも可愛くて、オシャレですよね。

ヨーグルトも種類があって、1つの量が少ないのでいくつか食べることができます。

私たちのビュッフェ内容

こちらが私が選んだ内容です。
結局取りすぎてるやないか!!!(笑)
本当はライスも食べたかったけど、我慢しました…
ビュッフェとは思えないほど豪華でオシャレな内容ですよね。

ちなみに相方(女性)はこんな感じ。

メイン

メインは卵料理とブレックファーストスイーツから選択できます。
卵料理はどのホテルでも食べることができるので、ブレックファーストスイーツから選択しました。

ビュッフェの内容がとても充実しているので、このメインはデザートとして捉えるのが正解な気がします。
卵料理も美味しいと思いますが、私のおすすめはスイーツです!

ワッフル

梨のコンポートシャンティクリームとキャラメルソース ココナッツクリームで味付けされています。
アンダーズ東京はワッフル推しなんですかね。
とても美味しかったです。

パンケーキ

トンプソングレープ シャンティクリームと葡萄とライチのソース ローストマカデミアナッツで味付けされています!
見た目が非常に可愛らしいですよね。
ビュッフェで食べ過ぎてしまっていたので、ちょっと重かったなあ…(笑)
お腹が空いている時に食べたかったです。

レストランからの景色

レストランは天井が高くて開放感抜群でした。
装飾もオシャレです。

景色は皇居やスカイツリーが見えます。
素晴らしい景色ですよね!
朝から高層階の景色を眺めて食べる朝食、最高です!

アンダーズ東京のフリーラウンジ

アンダーズ東京にはクラブラウンジはなく、宿泊者なら誰でも使える無料のフリーラウンジがあります。24時間利用でき、無料でソフトドリンク、水、お菓子をいただくことができるのです。クラブラウンジはなかなか利用する機会がないので、だれでも利用できるのは嬉しいですよね。

18時~20時のカクテルタイムは、ビール、ワイン(赤・白・柚子)のアルコールに加えて、軽食も提供されます。
コロナ感染症の緊急事態宣言中だったので、セルフではなくスタッフの方から配られる方式でした。

平常時はコーヒー・紅茶、かりんとう・スナック・チョコ・飴は常にあり、カフェ代わりに快適に利用可能です。

平常時の朝はクロワッサン、パン・オ・ショコラ、野菜ジュース、グレープフルーツジュースなどが出ているそうです。コロナ禍の宿泊ではあまりラウンジの恩恵は受けることができない印象でしたが、平常時は楽しめますね。

ラウンジの雰囲気

アンダーズ東京のラウンジは天井が広大でとても開放的です。
間接照明も美しくて優美でした。

雰囲気はとてもかっこいいのですが、景色は全く見えません。
せっかくの高層階なので景色が見えるともっと嬉しいですね。

個室のようになっているスペースもあります。
人気なので、スタッフに頼めば空いたタイミングで案内してくれます。

この個室にはパソコンもあり、仕事をしたり調べものをする人におすすめです。

ラウンジの軽食とドリンク

軽食は1口サイズのおつまみがいくつか提供されました。

軽食が食べ終わると、ロールケーキやエクレアが出てきました。
量が丁度良くて美味しかったです。

アンダーズ東京のプールとジム

都心のプールは25mプールがあるだけというスタイルのところも多いですが、アンダーズ東京のプールはジャグジーや炭酸風呂など種類が豊富です。泳ぐのが好きではない人でも楽しむことができるので、是非足を運んでください。

※撮影はスタッフに許可をいただきました。

プールとジムまでのアクセス

スパは37階にあります。
エレベーターホールから素晴らしい雰囲気でした。

ご覧ください。
まだプールではないですが、もうここで満足です(笑)
こちらでロッカー番号&シューズロッカーのキーをもらって更衣室へ。

スイムキャップ&水中メガネは無料で貸し出ししてくれます。

ロッカールーム

かなり広いロッカールームでした。
多少混雑していても気になりません。

バスローブやバスタオルは借りることができます。

プール

プールは20mで3レーン。
景色も楽しむことができました。
夜も昼も美しかったですよ!

ジャグジー

ジャグジーは2つあり、炭酸だそうです。
2つのジャグジーの間には階段があり、奥にさらに温水プールがあります。
ジャグジーは温かくてお風呂代わりに使えます。

どちらもとても気持ちよかったです。
あまけ程度にジャグジーがあるホテルはいくつかありますが、こんなに充実していると嬉しいですね。

真ん中の階段を下りるとこのように温水プールがあります。
私は本格的に泳ぐよりのんびりしたい人なので、とても居心地が良かったです。

ジム

ジムはランニングマシンを中心に、マシンが充実していました。

いかがでしょうか。
東京の夜景を見ながら走る気分は最高です。

トリートメント
10:00 – 22:00(最終予約受付 20:30)  
プール・フィットネスセンター
6:30 – 22:00(最終受付 21:30)

アンダーズ東京の注意点

アンダーズ東京に宿泊する際の注意点をご紹介します。

チェックインは早めに!

アンダーズ東京に限った話ではありませんが、都内の高級ホテルはチェックイン時間がかなり混み合います。他のホテルと違ってラウンジでチェックインの手続きをするのでまだいいですが、早めに行くことをおすすめします。特に土日は混雑します。

部屋からの景色は確約プランを選択すること

アンダーズ東京は東京タワー側が人気で、東京タワー側プランがあります。私たちは今回、東京タワー側を選択しました。
指定しなかった場合は、新宿方面の景色になります。
予約サイトに出てくる写真は東京タワー側が多いのですが、指定しないと部屋からは見えないので注意してください!

東京タワーのライトアップには種類がある

今回、私たちが宿泊した日は、桃の節句ということで特別ライトアップでした。
通常のオレンジ色のライトアップが良いという人は、公式サイトで宿泊日のライトアップをチェックしてから予約しましょう。
特別ライトアップも特別感があって、素敵でした!

満月の日はライトアップが半分点灯しないので注意してくださいね!

まとめ

いかがでしたか?
とても素晴らしいホテルなので、是非宿泊してみてくださいね!

アンダーズ東京の宿泊記前編はこちらになります。

【アンダーズ東京】東京タワービューの宿泊記①!アクセスとお部屋紹介、景色の口コミ編!
今回はずっと憧れていたアンダーズ東京に宿泊してきました。とても素敵なホテルだったので、是非チェックしてみてください!この記事は、アンダーズ東京宿泊記の第1弾です!主にお部屋や景色について詳しく解説しています♪アンダ...

プリンスギャラリー東京紀尾井町というホテルもおすすめです!

【宿泊記】プリンスギャラリー東京紀尾井町!食事やプール、クラブラウンジ、ジム、景色、部屋などの感想!
今回はプリンスホテルグループの中でも最高級ホテル、プリンスギャラリー東京紀尾井町の宿泊記です。このホテルは赤坂プリンスホテルの跡地に新しく建てられたホテルで、まだ知名度はそんなに高くありませんが、口コミがとても良いのでリピーターが...

コメント

タイトルとURLをコピーしました