【ペニンシュラ東京】憧れホテルの宿泊記①!ホテル紹介編!お部屋やレストランやプールをご紹介!

今回はみんなの憧れホテルの1つ、ペニンシュラ東京に宿泊してきました!
想像以上に感動したので、是非最後まで読んでみてくださいね!

  • 5つ星など評価が高い
  • 運営は香港&上海ホテルズ
  • 入ってすぐのザ・ロビーは圧巻
  • 皇居外苑と日比谷公園に面し緑豊かな環境
  • 東京駅や銀座まで徒歩圏内
  • アフタヌーンティーも人気
  • Peterは雰囲気抜群
  • ペットと一緒に泊まれる
  • 眺望はあまり期待できない
  • 室内の雰囲気はトップクラス
  • お部屋のお風呂が魅力的
  • 全室50平米以上

特徴だけでもたくさん浮かんできてしまうくらい魅力たっぷりのホテルです!

ペニンシュラ東京の特徴

ペニンシュラ東京は、皇居外苑と日比谷公園に面し緑豊かな環境でありながら、銀座まで徒歩圏内という好立地です。
和のテイストの高級感ある客室に加え、アフタヌーンティーが代表的な「ザ・ロビー」や、本格的な広東料理を楽しめる中国料理「ヘイフンテラス」、最上階の24階にて景色と食事を堪能できるステーキ&グリル「Peter」、そして「ザ・ペニンシュラ スパ」など、最高級のペニンシュラ・ホスピタリティを体験することができます。

ザ・ペニンシュラホテルズの歴史は、1928年の香港から始まります。
ザ・ペニンシュラ東京はその8軒目として2007年に開業しました。
「フォーブス・トラベルガイド」のホテル部門にて最高ランク5つ星を6年連続、スパ部門では7年連続、「トラベル+レジャー」では東京のベストホテル(2017年と2018年)、その他スパやレストランなど含めて数々の世界的に権威ある賞やランキングに輝いているそうです。

建物は24階建てで、他の高級ホテルと比較すると決して高層階ではありません。しかし、お部屋からは皇居外苑や日比谷公園、東京スカイツリーなど様々な眺望を楽しむことができます。都内最大級の広さを誇る47のスイートを含む314の客室は、本当に素晴らしい満足度でした。特にお部屋のお風呂が魅力的なので、後ほど詳しく解説します。

ペニンシュラ東京の予約について

まず悩んだのが、どのお部屋にするかということ。
結論、眺望はそこまで気にする必要はないかなと感じました。
実は私、宿泊するホテルを選ぶ大きな基準が、眺望の良さなのです。眺望が良いからこそ、非日常を感じられると思っています。
ペニンシュラ東京はそもそも眺望をそこまで売りにしているホテルではないので、正直あまりホテルに対して期待していませんでした。そんな私を虜にさせた最大の要因はお部屋の内装です。
グレードの低いお部屋でも、お部屋の内装が素晴らしいのです。天井の間接照明や、扉、バスルームやドレッシングルームなど、お部屋のすべてが高級感で溢れていて大満足でした。もちろん、内装には人それぞれ好みがありますし、合わない人には合わないデザインかもしれませんが、それは事前に写真を見ればわかると思います。

最も安いお部屋だと眺望はありませんが、そんなことが気にならないくらいお部屋の内装の満足度が高いので、安いお部屋にしてアフタヌーンティーやBarにお金を使うのもおすすめです。

とはいえ、眺望も捨てがたいよって人は、眺望が確約されているプランにしましょう。スイートルームの写真を見てしまうと皇居の抜け感が素晴らしくて泊まりたくなってしまいますが、グランドプレミアガーデンキングなどでも景色を楽しむことができますので、お財布と相談してみてくださいね(笑)

ペニンシュラ東京のアクセス

ペニンシュラ東京は東京のど真ん中、日比谷公園と皇居のすぐ近くにあり、羽田空港より車で40分、成田空港からは1時間の位置にあります。
「日比谷駅」A7出口直結というアクセスの良さだけでなく、有楽町駅や銀座駅からも徒歩圏内の好立地です。
東京駅からも歩ける距離で、周辺はとても美しい街です。東京駅から皇居沿いを歩いてアクセスするのもおすすめです。

所在地東京都千代田区有楽町1-8-1
交通東京メトロ日比谷線・千代田線 都営三田線「日比谷駅」 A7出口直結
東京メトロ有楽町線「有楽町駅」
JR「有楽町駅」 日比谷口出口 徒歩約2分
東京メトロ丸の内線・銀座線・日比谷線「銀座駅」 C4出口 徒歩約3分

右側のビルがペニンシュラ東京です♪
複合施設やビルの一部がホテルではなく、ビル全てがペニンシュラ東京の所有となります。

ペニンシュラ東京の宿泊者が利用できるクルマは、全5種。1934年製ロールス・ロイス・ファントムⅡだけはウェディングサービス用ですが、ロールス・ロイス・ファントム・エクステンデット・ホイールベースとBMW7シリーズ、テスラは空港間送迎サービス、または運転手付きの時間利用が可能です。

出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

1934年式の貴重なヴィンテージロールスロイスファントムⅡは世界に4台しかないそうなので、車好きは興奮するものなのでしょう。車に詳しくない私たちも、思わず撮影してしまうほどのかっこよさでした。この車はウェディングサービス用で、 同ホテルで結婚式を開いたカップルを後席に乗せ、ペニンシュラ東京がある東京・丸の内エリアや皇居周辺を走行するサービスのために使用されているそうです。 よって通常の宿泊客は乗りたくても乗ることが出来ませんでしたが、コロナウイルスが流行中は結婚式が軒並み中止になったので、宿泊客が乗れることもあったようです。

その他の車は2km圏内の送迎などもあるので、ご利用の際には早めのお問い合わせをオススメします。(宿泊客のみ・予約不可・先着順・迎車不可)

確実に乗りたい方は、送迎付きプランがある時に予約してみてくださいね!

ペニンシュラ東京にチェックイン

それではペニンシュラ東京にチェックインしていきます。

今回宿泊した時期はクリスマスシーズンだったので、ホテルの中と外にクリスマスツリーが飾られていました。
外のツリーも人気のようで、多くの人が写真を撮影していました。
クリスマスに中華系ホテルってどうなの?って思う人もいるかもしれませんが、とても可愛いツリーなのでおすすめです。

正面の入り口はこちら。美しいですね~♡

正面玄関の前はタクシー乗り場になっています。

入り口は回転扉になっています。
最近はあまり見なくなりましたよね。
映画のワンシーンのようです。
白い制服を着たホテルスタッフの方が立っていて案内してくれます。

ホテル内に入るとこの景色が広がっているんです!!!
一気にテンション上がりますよね!
素晴らしい空間です。
ザ・ロビーというフロアで、アフタヌーンティーなどを楽しむことができます。

ペニンシュラ東京といえばこの目のようなオブジェ。
印象に残りますよね。
この竹のオブジェ「臥龍の門 ~トッキーここにいる~」は現代いけばな作家、濱恵泉氏による竹の裏面を使用した作品で、龍が宇宙を守っているイメージで作られているそうです。館内には1,000以上のアート作品があり、その9割が日本人のアーティストによるものです。

ご覧の通り、右側にはクリスマスツリーがあります。

飾りが可愛すぎました!
クリスマスのペニンシュラ東京、おすすめです!

ペニンシュラ東京のチェックインカウンターは、2つしかありません。
繁忙期はかなり並ぶことなりますし、混雑していなくても少し待ちました。
特に15時頃はチェックインが混み合いますので、早めに行くことをおすすめします。

ペニンシュラ東京のお部屋紹介

廊下はこんな感じで、間接照明が美しかったです。
これぞ高級ホテル!という納得の雰囲気でした。

窓の中に光る何かがあるのが分かりますか?
吹き抜けになていて、上から下までぶら下がっています。
行っている意味が分からないと思いますが、宿泊した際は是非覗いてみてください(笑)

お部屋の間取り

それでは気になるお部屋に入っていきます。
私たちが宿泊したお部屋は、プレミアキングです。
デラックスやグランドプレミアとは基本的に間取りや広さに差はありません。
どのお部屋も50平米以上が確約されているのが素晴らしいですよね!

デラックスツイン_11
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

ドレッシングルーム

まずはドレッシングルームから。
かなり広いスペースです。
女性はここでお化粧したりできるので、テンション上がるはずです。

左を向くと荷物を置くスペースがあります。
右端に小さな扉があるのが分かりますか?

こちらは、ちょっとしたお届け物を置いておいてくれるスペースになります。
例えば追加でバスタオルなどを頼むと、置いておいてくれるのです。
ホテルスタッフと顔を合わせずにすむので、助かりますよね。
マンダリンオリエンタル東京にも同じ扉があったので、中華系ホテルに多いサービスなのかもしれません。

右を向くとハンガーなどがあり、コートをかけることができました。
ここがこんなに広い必要があるのか?と思うくらい、広い空間でした。

バスルーム

ここがペニンシュラ東京の真骨頂。
この雰囲気の良さは唯一無二ではないでしょうか。
私たちが宿泊したお部屋は、外の景色が見えないタイプでしたが大満足です。
お部屋のグレードを上げるとビューバスもあります。
お風呂については後ほど詳しく解説します。

間接照明や壁の雰囲気も素敵ですが、何よりお湯の出口が最高ですよね。
これぞ、非日常です。

お風呂を挟んで左右に洗面台があります。
洗面台が複数あると便利ですよね。

反対側の洗面台がこちら。
こちらにはテレビがあるので、長風呂できました。

洗面台の横にはシャワールームがあります。

コンパクトで使いやすい空間でした。
高級感がありますね!

反対側の洗面台の隣はトイレです。
ここは個人的にマイナスポイントでした。
ペニンシュラ東京に限らず、都内の一流ホテルはどこもスケスケ仕様なんですよね。
これでは落ち着かない!!!
トイレしている姿なんて、家族だとしても見せたくありません(笑)
もちろん、完全には透明ではないのでご安心を。落ち着きませんが…(笑)

ベッドルーム

ベッドルームとの仕切りは、この大きな木のドアです。
入室した時には開いた状態だったので、動くドアだと気づきませんでした(笑)

大変お待たせしました、こちらがメインのお部屋です!

素晴らしい高級感!!!

都内の高級ホテルはいくつか宿泊した経験がありますが、トップクラスの満足度です。
まずは、お部屋の広さ。そして天井の高さ。開放感抜群でした。

この天井の折り上げ天井と間接照明も素晴らしいです。
意外と高級ホテルのなかでも全てのお部屋がこのような天井になっているのは珍しいです。

ベッドの前には大きなソファとテーブルがあります。
画像だと閉めてしまっていますが、テーブルの前には大きなテレビが配置されています。
窓際には椅子とテーブルがあるので、景色を楽しみながら晩酌も可能でした。

横から見ると、このような配置です。
スイートルームを除く基本的なお部屋はこの配置になっているようです。
眺望を楽しむため!というよりは、お部屋の雰囲気を楽しむための配置!ってイメージです。

ペニンシュラ東京のお部屋からの景色

ペニンシュラ東京は、眺望を重視する人にはあまり向かないホテルだと思います。
もちろん、お部屋のランクを上げれば素晴らしい景色を楽しむことができますが、ランクの低いお部屋を考えている方は、同等の予算でもっと眺望が良いホテルがたくさんあるので、あえてペニンシュラ東京を選ぶ必要はないと思います。

と、言いつつも、お部屋からはスカイツリーが見えました。
眺望は全く期待していなかったので、嬉しかったです。

真横にビルがいますので、いわゆる抜け感はありません。
ここは東京のど真ん中ですから、仕方ないですね。

皇居側を見ると、遠くまで見渡せました。
東京で緑を見ることは難しいので、癒されます。
皇居ビューは、夜になると真っ暗になってしまうのが個人的に欠点です。

お部屋の窓は、天井から床までの大きな窓なので景色を楽しみやすいですが、柱が邪魔かもしれません。

もちろん、スイートルームなどを予約すれば素晴らしい景色を楽しむことができます。
ただ、皇居ビューなので夜はちょっと暗いです。

出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

ペニンシュラ東京のザ・ロビー

「ザ・ロビー」 はペニンシュラ東京の象徴でもあるレストランです。
朝食、ランチ、ティータイム、ディナーと全ての時間で楽しむことができます。
最も人気なのはアフタヌーンティーで、生演奏と共に楽しむことができます。

予算は、ランチもディナーも6,000円〜7,999円となっています。
コーラ1杯だけでも1600円するので、かなり高級ですよね(笑)

このシャンデリアが特徴的ですよね!
ホテルに来ているんだ~!という気持ちになる空間でした。

私たちは、マンゴープリンやフルーツの盛り合わせ、パンケーキなどをいただきました。
映画のワンシーンのような時間でした。
ロビーということもあってかなりガヤガヤしているので、賑やかな雰囲気が苦手な人には向かないかもしれません。

ペニンシュラ東京のPeter

最上階の24階に位置し、180度広がる日比谷公園や皇居外苑の緑豊かな眺望を楽しみながら食事することができます。
内容は最上級のステーキやシーフードなどのグリル料理です。
お部屋の眺望でもご説明した通り、夜はそこまで夜景がきれいなわけではないので、景色を楽しみたい方はランチがおすすめです。

しかし!!!夜の雰囲気は抜群なんです。
この雰囲気を味わえることを考えると、個人的にはディナーがおすすめですね。

Peter
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

なんとこのPeterにはBarもあるのです。
私たちはBarを利用しました。
紫色のカラーが特徴的で、大人の雰囲気でした。
カウンター席とテーブル席があり、テーブル席は夜景を楽しむことができます。

東京のBarに行き慣れている人ならいいのですが、初心者の私は少し緊張してしまいました(笑)

Peterバー(バー)
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

その他のレストラン

私たちが利用した代表的な2つのレストランをご紹介しましたが、ペニンシュラ東京には他にもたくさんのレストランが入っています。
ホテルとしての利用だけでなく、特別な日の食事会などにもよく利用されるようです。

ヘイフンテラス(広東料理)

「ヘイフンテラス」は、世界文化遺産指定の庭園が9つもある中国・江蘇省の蘇州の庭園様式をテーマとしたレストランです。伝統的な広東料理をはじめ、旬の食材を使用したオリジナリティ溢れるお料理を楽しむことができます。

広東料理とは、南シナ海に面した中国南部の広東省を中心に食されている郷土料理のことです。
北京(山東)料理・上海(江蘇)料理・四川料理とともに「中国四大料理」のひとつに数えられており、その中でも最も世界的に普及している料理とのこと。理由としては中国から海外へ移住した人々のうち、広東出身者の比率が高かったことが挙げられ、海外移住に伴い全世界的に広まることになりました。横浜の中華街や神戸の南京町も広東系移民が多数を占めるため、広東料理店が主流となっています。つまり、普段から食べ慣れている中華料理といえるので、食べられないということはないでしょう。

また、接待や特別な機会でご利用の人は、3つのプライベートダイニングルームとシェフズテーブルがあります。

ヘイフンテラス
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ

地下鉄日比谷駅に直結する「ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ」では、人気のマンゴープリンをはじめとしたペストリーやベーカリーなどをいただくことができます。カフェスペースではカジュアルなお食事やデザートを提供しています。

ザ・ペニンシュラ ブティック&カフェ
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

鮨 和魂(江戸前鮨)

「ミシュランガイド京都・大阪2018」で2年連続一つ星を獲得している「鮨 和魂」が2019年5月にオープンしました。豊洲市場から厳選した最上級の食材を毎日取り寄せて創り上げる鮨や料理をいただくことができます。

天一

卵一つから素材にこだわり、蛤、甘鯛、蟹、雲丹、松茸など、その時々の旬・最高の素材を豊洲で毎日仕入れているそうです。椅子カウンター、お座敷カウンター、テーブルなどシーンに合わせて利用できます。

天一
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

ペニンシュラ東京のプール

プール
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

20mの温水プールです。早朝から夜まで利用できて、リフレッシュしたい時間に気軽に水泳を楽しむことができます。プールサイドのチェアから皇居外苑と日比谷公園を眺めるのもおすすめです。冬の宿泊は、ジャグジーに人が集まります(笑)
温水とはいえ、冬は少し寒かったです。

雰囲気は都内のほかのプールと比較しても全く負けない美しさでした。
プール横の壁には、上から下に水がずっと流れていました。
管理費高そう~って余計なことを考えてしまいます(笑)

ペニンシュラ東京のジム

画像d_ss_2_210611.jpg
出典:ペニンシュラ東京公式サイト /peninsula.com

個別のテレビとサウンドシステムを備えたテクノジム社製の最新機器やウェイトトレーニング用の機器を完備していました。
予約をすればパーソナルトレーニングを受けることもできます。
筋トレに集中できるジムでしたが、夜景が全く見えないので非日常は感じることができません。
毎日鍛えたい人には魅力的ですが、私のようにジムでさえ非日常を体験したい人には向いていないかもしれません。

ドッグステイプログラム

愛犬家の方、必見です。
ペニンシュラ東京では、愛犬(1部屋1匹・15キロまで)と一緒にホテルステイを楽しめる「ドッグステイプログラム」があります。
P.L.A.Y. Pet Lifestyle And You製のベッドや、犬用のアメニティなど、愛犬のステイに最適な設備やアメニティを用意してくれるのです。

愛犬と宿泊できるのは嬉しいですよね!

まとめ

いかがでしたか?
素晴らしいホテルだったので、是非宿泊してみてくださいね!


ペニンシュラ東京の近くに同じく皇居ビューの人気ホテル、パレスホテル東京があります。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました